記事一覧

第1回中央港湾団交を開催

ファイル 221-1.pdf
ファイル 221-2.jpgファイル 221-3.jpgファイル 221-4.jpg

2月19日午後から、港運会館会において第1回中央港湾団交を開催した。冒頭糸谷委員長は、今春闘は大きく言って三つの課題がある。第一は労働条件の改善は労使一体で取り組むべき課題である。第二に、産別制度賃金への統一回答を求める。第三は、港労法の安定化等計画策定での全港・全職種適用に係わる否定的発言について産別協定を覆す行為であり、是正を求めるとした。
 また、春闘課題ではないが事前協議違反があり、業側の毅然とした態度で取り組むよう強く求めた。
 その後、玉田書記長から19春闘要求について趣旨説明を行い、次回団交を3月6日午後から開催することを確認し、終了した。

港湾貨物運送事業労働災害防止協会からの死亡災害速報

ファイル 220-1.pdf
ファイル 220-2.pdf

 今年4件目の死亡災害が三河港蒲郡地区での災害と今年1月に起きた新居浜港の第2報が送られてきました。亡くなられた方へ心からのお悔やみを申し上げます。

沖縄県中城湾港の事前協議違反について

ファイル 219-1.rtf
ファイル 219-2.pdf
ファイル 219-3.pdf
ファイル 219-4.pdf
ファイル 219-5.pdf

19年2月2日、沖縄県中城湾港において事前協議を申請しないまま、入港・強行荷役が行われた。沖縄地区港湾は、同日、これに対する抗議の視察行動を実施し、事態の改善がないため、2月4日(月)始業時から組合員の就労する全ての現場において就労拒否に入った。これをふまえ、全国港湾と港運同盟は、2月4日に日港協、国土交通省、防衛省に緊急の申し入れを行った。なお、沖縄県と港運事業者、労働組合の三者による協議会の設置を確認したことから、2月4日17:30にストを解除した。

死亡災害速報(第1報)

ファイル 218-1.pdf

 港湾労災防止協会から新居浜港での死亡災害速報が送られてきました。