記事一覧

19春闘中央行動行政の回答について

ファイル 232-1.docx
ファイル 232-2.docx
ファイル 232-3.docx
ファイル 232-4.docx
ファイル 232-5.jpg

 全国港湾・港運同盟は3月13日(水)に、国交省・厚労省、15日(木)に経済産業省・消防庁にたいして、港湾政策並びに港湾労働に係わる申込みを行いました。先ごろ、回答の集約が出来ましたので掲載します。

4月5日開催の第5回中央港湾団交決裂!!

ファイル 231-1.jpgファイル 231-2.jpgファイル 231-3.jpgファイル 231-4.jpg

 日港協は4月7日(日)に通告されているストライキの回避努力一切行わず、「すきに打てば」の暴言を吐き、決裂となった。
本日の回答は、4月9日の中央労働委員会「あっせん」を前にし、「独占禁止法に抵触する恐れを完全に払拭できないとの結論に至り、本年も統一回答は出来ない」とした。さらに、次の段階へ進むべき示唆も行った。
 組合側はこの回答に、「あっせん」は正常な労使関係に戻す手段として尊重してきたが、日港協の一顧だにしない態度に怒りの決裂通告を行い、第二波を整然と行う意思統一を行い解散した。尚、次回団交は未定。

3月31日(日)始業時より、4月1日(月)始業時までの就労拒否、荷役阻止の24時間スト決行!

ファイル 230-1.pdf
ファイル 230-2.jpgファイル 230-3.jpgファイル 230-4.jpgファイル 230-5.jpg

3月29日開催の第4回団交において、日港協は前回の回答に事前協議と諸労働条件の整備の2点について修正回答を行った。組合側は検討に値しないとして、3月31日(日)のストライキ決行を表明した。同時に、すでに通告済みの行動(3月31日、4月7日、4月14日[いずれも日曜日])の上積みとして、4月15日(月)始業時より16日(火)の始業時までの24時間ストを通告した。