記事一覧

機関紙‐335号(2021年2月)

ファイル 305-1.pdf
ファイル 305-2.pdf
ファイル 305-3.pdf

第1回中央港湾団交開催、港湾産別21春闘スタート!
第13回中央委員会リモート開催、21春闘たたかう運動方針確立!

21港湾春闘情報(1)

ファイル 304-1.pdf

 21港湾春闘は2月17日(水)に第1回中央港湾団交を開催し要求書を提出した。組合側は、主旨説明を文書化し、時間短縮と正確に伝える目的で手交した。趣旨説明で、認可料金復活への共同取り組みと、コロナへの対応、また、コロナを理由に賃上げの抑制や人員削減を行わないこと、継続課題の解決促進などを強調した。そして、 指定事業体の問題解決を今春闘で図ること、関連職種の5.9協定実施、横須賀新港での問題、賃上げに誠意ある回答をしなければ、21春闘は解決しないことを特に強調した。また、ワクチン優先接種についての申し入れを同時に行った。
 各単組の取り組み状況を添付します。

21春闘第1回中央港湾団交を開催

ファイル 303-1.pdf
ファイル 303-2.pdf

2月17日午後から、芝浦サービスセンターにおいて第1回中央港湾団交を開催し、組合側より要求趣旨説明を行った。冒頭柏木委員長は、現場はコロナ禍の中でも日々働いており、現場の組合員に応える回答を強く求めた。緊急事態宣言下での団交であり、長時間の交渉を避けるために、要求趣旨説明を文書化し業側に提出し、要旨のみの説明を行った。次回団交を3月9日13:30から開催することを確認し、終了した。

全国港湾第6回常任中執会議を開催

 2月15日に第1回戦術委員会(第6回常任中執)を開催した。
1.報告事項
(1) 第13回中央委員会をふまえた当面の取り組み
 ① 地区港湾の統一行動などの取り組みの指示を行った。
 ② 資源エネルギー庁への申し入れを行う。
(2) 新型コロナウイルスワクチン優先接種の折衝について
 ① 中央港湾団交(2月17日)で、要求書とともに申し入れる。 
 ② 国交省へは、エネルギー庁への申し入れと合わせて提出す   る。
(3) 横須賀新港へのフェリー就航問題について
 ① 神奈川港運協会が、横須賀市及びフェリー船社に対して申し  入れを行い、雇用問題や既存事業への影響を及ぼさないよう取  り組んでいる。
 ② 組合は、場合によっては横須賀市に対して抗議行動を準備す  る。
(4) 東京都労働委員会での証人審問の記録について
 ① 1月27日開催の証人尋問の記録を配布した。
 ② 糸谷顧問の陳述書も合わせて配布した。

2.21春闘第1回中央港湾団交について
(1) 1月17日14:30より、第1回中央港湾団交を開催し、要求書提 出を行う。
(2) 労側の出席は、原則として常任中執と地区港湾議長(委員長) とする。ただし、コロナ禍の関係で移動が困難な場合はやむなし とする。

3.21春闘に向けた諸行動について
(1) 行政への申し入れについて
 ① 国土交通省、②厚生労働省、③経済産業省、④消防庁、
 ⑤エネルギー庁、⑥ 日本貿易会、⑦外国船舶協会とする。
(2) 政党への要請と政策懇談会について
  石炭問題、認可料金問題、コロナ対策など政治にかかわる問題  で、政党申し入れと懇談を位置づけ取り組む。
(3) その他
 ① ゲートオープンについて、過重労働になっていないか検証を  求めていく。
 ② 春闘討論集会などのオルグについて、要請があれば派遣す   る。

                                以上

ページ移動